HDL LOGO
AP68-02
 PLCC 68PIN MAX V CPLD モジュール
  発売中
2011/04/01-
 AP68-02は、Altera社の高性能CPLDである、MAX VをPLCC 68PINサイズに変換し、ICソケットに実装を可能としたCPLDモジュールです。
DIPタイプのICCソケットを用いれば、2.54mmピッチのユニバーサル基板に実装が可能です。I/Oは2つのバンクにそれぞれ25本、合計50本のI/Oを使用可能です。プログラミング用にJTAGピンが引き出されています。
MAX Vの評価や試作にご活用いただけます。
仕様
PLCC 68PIN MAX V CPLD モジュール
クリックして拡大
 
CPLD の概要 5M570ZF256C5N
Logic Elements 570
Maximum user I/O pins(Device) 159
Maximum user I/O pins(Board) 50



  5M570ZF256C5Nを搭載
  50本のI/Oを外部引き出し
  3.3V単一電源(VIOA、VIOBを分離)
  4層基板を採用
  ICソケットに実装可能な基板サイズ 25.3 x 25.3 [mm]
  基板外形図  

  PLCC68シリーズはデバイスのピンをそのまま変換しています。デバイスと同じように扱って下さるようお願いいたします。

RoHS指令対応
PLCCソケットに搭載可能

クリックして拡大
PLCCソケット実装時のピン配置
JTAG接続例(クリックするとPDFが表示されます)
クリックでPDF表示
すべてラインナップされるか現時点で未定です
品名 MODEL 実装CPLD 製品状況 直販価格 販売 サポート
PLCC68 MAX V CPLDモジュール AP68-02-570 5M570ZF256C5N 販売コーナ
PLCC68 MAX V CPLDモジュール AP68-02-240 5M240ZF256C5N - 未定
電源付きユニバーサル基板 ZKB-092 アクセサリページをご覧ください
PLCC68シリーズ対応3シリーズ変換基板 ACC-032
ダウンロードケーブル 各種
スピードグレードの変更も特注にて承ります
※数量がまとまるとき、お見積り依頼をお願いいたします
ご意見をどうぞお知らせください 
PLCCシリーズトップへ
アルテラコーナートップへ