該非判定(パラメータシートについて)

2006/11/15-

 
 弊社製品は、輸出を前提としておりません。弊社製品をそのまま、または組み込んで輸出されるとしたら、お客様ご自身で各種輸出規制などにご対応をお願いします。
 また製品保証とサポートは日本国内に限らさせていただきます。
 なお、製品によりパラメータシートを発行可能です。パラメータシートの発行はお客様向けのサービスの一環として提供しておりますが、お断りすることもございます。
発行をご希望の方は、発行依頼書にご記入の上、FAXなどの文書にてお申込をお願いいたします。
発行依頼書はこちら(pdfファイル)よりダウンロードをお願いいたします。
依頼書の項目には可能な限りすべてご記入ください。

◆ご連絡いただいた内容はすべて当社仕入れ先に開示させていただくことになります。同意いただけない場合はパラメータシートの発行はお受けできません。
FPGA評価基板の多くは該当となると考えられます。
◆発行実績のある製品については最短1日、発行実績の無いものは2週間から3週間程度以上かかることがございます。
 弊社では、 米国輸出管理規制(EAR)に関する書類はお出しできません。また欧州版RoHS対応、中国版RoHS対応についても書面はお出しできません。
弊社のRoHS対応品は、独自判断によるものであります。
EAR判定のためにECCN番号を調べる方法はこちらにございます
◆発行手数料につきましては、1シリアル番号あたり1回は無償でご対応させていただきます。
2回目よりは別途費用を申し受けます。ユーザ登録によるポイント値引き対応がありますので、ユーザ登録をよろしくお願いいたします。
(別途費用につきましては個別見積りとさせていただきます)
シリーズ名 可否
alteraシリーズ ご要望により発行いたします。
該非判定は使用デバイスそのものに準じたものになります。
USB対応のダウンロードケーブルは転売品となります。
xilinxシリーズ ご要望により発行いたします。
該非判定は使用デバイスそのものに準じたものになります。
USB対応のダウンロードケーブルは転売品となります。
USBシリーズ 弊社ベンダーIDを持つ製品については、ご要望により発行いたします。
FTDIシリーズ 評価ボード(FTDIシリーズ)については、発行いたしません。
お客様名で発行できる例をダウンロードできるように致しました。
パスワードはユーザ登録ユーザさまにお知らせいたしますのでお問い合せください。
当社のシリアル番号が必須です。
  • USB-016/USB-023シリーズ
    <CISTEC 2015.10.01>

  • USB-101/USB-102/USB-103/USB-105シリーズ
    <CISTEC 2015.10.01>
UTLシリーズ 評価ボードにつき発行はいたしません。
転売品 弊社では発行致しません。製造元にお問い合わせください。
TB1
(Tersic USB Blaster)
輸入品(転売品)につき当社で発行していません。
お客様名で発行できる例をダウンロードできるように致しました。
パスワードはユーザ登録ユーザさまにお知らせいたしますのでお問い合せください。
当社のシリアル番号が必須です。
<CISTEC 2017.01.07>
当社で販売したTB1に限り発行可能です。
XUP-USB-JTAG-H 輸入品(転売品)につき当社で発行していません。
お客様名で発行できる例をダウンロードできるように致しました。
パスワードはユーザ登録ユーザさまにお知らせいたしますのでお問い合せください。
当社のシリアル番号が必須です。
 <CISTEC 2017.01.07>
当社で販売したXUP-USB-JTAG-Hに限り発行可能です。
1-HS2-H  輸入品(転売品)につき当社で発行していません。
お客様名で発行できる例をダウンロードできるように致しました。
パスワードはユーザ登録ユーザさまにお知らせいたしますのでお問い合せください。
当社のシリアル番号が必須です。
 <CISTEC 2017.01.07>
当社で販売したJTAG-HS2に限り発行可能です。
1-HS1-H  輸入品(転売品)につき当社で発行していません。
お客様名で発行できる例をダウンロードできるように致しました。
パスワードはユーザ登録ユーザさまにお知らせいたしますのでお問い合せください。
当社のシリアル番号が必須です。
 <CISTEC 2017.01.07>
当社で販売したJTAG-HS1に限り発行可能です。
FPGAボードの該非判定について
 半田付けされたFPGAは非該当という通達が存在するとのことですが、当社のFPGAボードはそれそのものが事実上FPGAと同等であると考え、搭載FPGAのパラメータシートに準じたパラメータシートを発行しております。したがってコンフィグレーションROMやCPLDがブランクのときに有効です。お客様が回路を組み込まれた場合は、その機能をもとにお客様にて該非判定をお願いいたします。
評価ボードの該非判定について
 評価ボードは、搭載されているキーデバイスを評価していただくためのボードです。お客様にてアプリケーションに活用された際には、全体としてお客様にて該非判定をお願いいたします。
(非該当のFPGAデバイスを用いて、該当するような回路をくみ上げたような場合)
メールでのご質問はこちらへどうぞ

HDLのホームページへ