PLCC68シリーズは、ICソケットに搭載できるように設計された、FPGA・CPLDモジュールです。
市販のICソケットに実装できるので、ユニバーサル基板でのFPGAやCPLDの利用に便利です。
また、全シリーズピン割付が共通で、FPGA/CPLDのベンダーやタイプによらず電源やI/Oが共通となっています。
単電源動作も、I/O電源を2系統分離して使用することも可能となっています。

共通仕様

  • 50本のI/O (内4本はクロック兼用を優先的に割付)
  • 3.3V単一電源 (FPGA/CPLDが必要な補助電源を内蔵)
  • ICソケットに実装可能 (推奨ソケットがあります)
  • コンパクトな68pin PLCCサイズ (25.3 x 25.3 [mm])
  • 2系統分離したI/O電源入力
    (FPGA/CPLDのスペックによる)最大3.3V
  • JTAG信号 (TCK、TMS、TDI、TDO)
  • 全シリーズ共通ピン割付 (ピン配置)

    DIPタイプPLCCソケット ピン割付

    ピン割付
    クリックで拡大

  • RoHS指令対応

[更新記録]
過去の更新記録

最新→ 2016年04月07日 TE製 PLCC取り外し工具 AMP8221541 を発売開始いたしました
2015年07月22日 ボード製品の型番とシリアルから該当資料をご提供するページができました
2015年07月09日 PLCC68 MAX10 FPGAモジュール AP68-08シリーズを発売開始いたしました
2015年04月08日 PLCC68対応12bitA/Dボード UTL-032を発売開始いたしました
2015年02月12日  一部の製品の価格を改定いたしました

PLCC68シリーズ対応アクセサリ専用ユニバーサル基板やソケットなどを扱っております。

[使用例]