XILINX社FPGA XC2S15 教育用ボード
  XILINX対応FPGAトレーナ  EDX-002
  
HDL LOGO

2003/11/12-

News
 EDX-002を取り上げて頂いた書籍が発売になります。
 実践 C言語による組込みプログラミングスタートブック(鳥海佳孝著) 技術評論社 発売されました
Impulse CとFPGA(EDX-002)により、実際にボードを動かしながら基礎的開発手法を学習できます。
アットマークテクノ様のSUZAKU-Sも取り上げられています。またWebPACK8.1のDVDとImpulse Cの機能限定版も付属しています。
 XILINX対応FPGAトレーナ EDX-002は、USBインタフェースをもつPCに接続し、XILINX社の開発ソフト(WebPACK ISE)などにより設計した回路を、USB経由でコンフィグレーションできる学習用ボードです。
 USBへのコンフィグレーションは、弊社の専用コンフィグレーションソフト(ソース公開)によりスピーディに行うことができます。
 パラレルポートの無いノートPCなどで便利にお使いになれます。
 学校などの教育機関や個人の皆さまの学習用として低コストを追求いたしました。
Spartan-II はXilinx社の開発ツール Ver11からサポートされなくなりました。Ver10.1が利用可能です。
XILINX社ISE クラシック : WebPACK - 過去のソフトウェア リリースから旧バージョンがダウンロードできます。
URLが変更になる場合もありますのでそのときはXILINXサイトで検索をお願いします。
便利です
 EDX-002は、XILINXの開発ソフトをインストールすることなく、BITファイルを専用コンフィグレーションソフトがあれば、回路データを簡単に書き換えることができます。学校などで、授業の進行に合わせてBITファイルを転送し、回路動作の違いを体験することも可能です。 
アルテラ対応のEDA-002もございます。
EDX-002
XILINX対応FPGAトレーナ EDX-002

クリックして拡大
FPGA 機能概要
FPGA  XC2S15-5VQG100C
Slices -
Logic Cells 432
Maximum Distributed RAM (Kbits) 6
Total Block RAM (Kbits) 16
Maximum user I/O pins(Device) 86
Maximum user I/O pins(Board) -
 ■ XILINX社 FPGA XC2S15-5VQG100C 搭載
 ■ USB経由でFPGAコンフィギュレーション
   (JTAGケーブルは必要ありません)
 ■ USBから電源供給
 ■ ボードサイズ: 79mm x 79mm
 ■ コンフィギュレーションROMは搭載していません
 ■ 商品には自習用のテキストやサンプルなどは含まれません
RoHS指令対応

その他の教育用ボードはこちらです
その他のカードサイズボードはこちらです
その他のSpartan-II使用ボードはこちらです

Rev2:セラミック発振子は水晶発振子に変更されました
 USB 電源 : 5.0V 
 クロック : 6 MHz
 押しボタンスイッチ x 3  7セグメントLED x 4
 赤色LED x 8
付属品 USBケーブル1.8m長
 ボードの使用方法
 
製品構成
  • EDX−002 本体
  • USB ケーブル
  • ドライバCD Windows(2000、XP、Vista)対応  注:Windows98もドライバのダウンロードが可能
    Windows7用ドライバは下記の『この製品の資料』からダウンロード可能です
    XilinxツールはWindows7に対応していないと考えられますのでご注意ください
  • マニュアル
 
教育用ボードについて ←必ずご覧下さい
品名 MODEL 実装FPGA 製品状況 直販価格 購入 サポート
FPGA トレーナ EDX-002 XC2S15-5VQG100C
(通常販売終了)
EDX-002は、完売後販売終了とさせていただきます。

Spartan-II はXilinx社の開発ツール Ver11からサポートされなくなりました。Ver10.1が利用可能です。
XILINX社ISE クラシック : WebPACK - 過去のソフトウェア リリースから旧バージョンがダウンロードできます。
URLが変更になる場合もありますのでそのときはXILINXサイトで検索をお願いします。
便利です
 EDX-002は、XILINXの開発ソフトをインストールすることなく、BITファイルを専用コンフィグレーションソフトがあれば、回路データを簡単に書き換えることができます。学校などで、授業の進行に合わせてBITファイルを転送し、回路動作の違いを体験することも可能です。 
アルテラ対応のEDA-002もございます。

XILINXシリーズTOPへ