ACM-009  
 ACEX1K ACEX1K50 144pin 搭載ブレッドボード

 発売中

2004/04/20-

 ACM-009-50シリーズは、アルテラ社の高性能FPGAである、ACEX1K50を用いた、ブレッドボードの完成品です。
 クロック原、リセット回路、電源回路、ISP可能なコンフィグレーションROMなどを内蔵したシンプル構成です。
 コンフィグレーションROMはアルテラ社のEPC2を標準実装していますので、ByteBlasterMVなどにて何度も(100回保証)書替が可能です。

ACEX1K はAltera社のQuartus II ソフトウェア Web Edition Ver9.1からサポートされなくなりました。
Ver9.0 SP2 が利用可能です。

アルテラ・レガシー・デザイン・ソフトより旧バージョンのリクエストができます。
完売後製造終了となりました
ACEX1K50 144pin 搭載ブレッドボード ACM-009
クリックして拡大
 ■ EP1K50TC144-3N実装
 ■ EPC2T32実装済(100回書換え保証)
 ■ 99本のI/Oを外部引き出し
 ■ クロックIC 30MHz
 ■ 5V単一電源、または3.3V単一電源
   3.3V単一電源はオプションです
 ■ 4層基板を採用
 ■ クレジットカードサイズ
   54mmX86mm   
 ■ EPC2TC32実装済(100回以上書換え可能)

その他のカードサイズボードはこちらです。
その他のACEX1K使用ボードはこちらです
RoHS指令対応

クリックして拡大
ACMシリーズについて
 ACM-0XXシリーズはすべてクレジットカードサイズでI/Oピンの配置が同一となっています。
※当社ではサンプル回路やリファレンス回路はご用意しておりません。
品名 MODEL 実装FPGA 製品状況 税込標準価格 サポート
ACEX1K50 144pin 搭載ブレッドボード ACM-009-50 EP1K50TC144-3N お問合せ
電源付きユニバーサル基板 ZKB-054    アクセサリページをご覧ください
電源付きユニバーサル基板 ZKB-105
ダウンロードケーブル 各種
スピードグレードの変更も特注にて承ります
※数量がまとまるとき、お見積り依頼をお願いいたします

アルテラコーナートップへ